【米国住宅着工数 前年比14.8%増(4月)】

2013-05-27

米国の4月の新設住宅着工件数は7万6700戸(前年同期比14.8%増)となり、リーマンショック以来最多水準となりました。

半年先の着工の先行指標となる着工許可件数も27.5%増となっており、回復基調が継続しています。

米国の好調と、円安の進行により、外材の入手は更に困難になると予想され、国産材への切り替えが進むと思われます。

(2013年5月24日 木材新聞より)

© 2019 株式会社パーフェクト All Rights Reserved.