【輸入構造用合板7%高】(日本経済新聞2013年5月29日)

2013-05-30

住宅の壁や床の下地に使われる構造用合板の取引価格が上昇している。

主要地、マレーシアでの需給が絞り込まれたことに加えて、現地の労務費も上がり、輸入品は1年8か月ぶりの高値を付けた。

国産品の価格も上昇基調。

需要家となる大手住宅会社は今期の建材価格が上昇するとみて、決算見通しにコスト増を織り込んでいる。

☆住友林業は「建材のコスト上昇を販売戸数の増加で吸収する」と話す。ミサワホームは「今期の建材費は9億円増える」と試算。「コスト削減を進め、住宅価格への転嫁を回避したい」としている。

(日本経済新聞2013年5月29日)

© 2019 株式会社パーフェクト All Rights Reserved.