【国産合板、価格上昇続く】(日本経済新聞2013年6月8日)

2013-06-11

国産合板の取引価格の上昇が続いている。消費増税を控えた駆け込み住宅ローン金利の上昇を背景に、木材商社が手当てを急いでいる。在庫も減ってきた。

国内需要の拡大に加えて、マレーシアで天候不順などもあり、輸入品の価格も急上昇したことで、「割安感が強まった国産品へ需要が集中した面もある」。

住宅の購入を急ぐ層が増えれば、合板の需要はさらに拡大するとみられる。

昨年末から5月にかけての為替の円安・ドル高が続いたこともあって、「6~7月は合板輸入量が減少する可能性がある」(商社)との指摘もあり、今後も国内合板の需給が緩む気配はみられない。

(日本経済新聞2013年6月8日)

 

© 2019 株式会社パーフェクト All Rights Reserved.